鼓笛指導

s-IMG_1103 s-IMG_1105 s-IMG_1106 s-IMG_1107 s-IMG_1108 s-IMG_1109 s-IMG_1110 s-IMG_1111 s-IMG_1112 s-IMG_1120 s-IMG_1122 s-IMG_1125 s-IMG_1127 s-IMG_1129 s-IMG_1132 s-IMG_1133 s-IMG_1135 s-IMG_1139 s-IMG_1140 s-IMG_1141 s-IMG_1142 s-IMG_1143 今日は鼓笛指導です。休園などもあり遅れてスタートしましたが、今月から年少さんも年中さんも指導を受けます。

鼓笛指導は、月に2回程度外部から講師の先生を招いて年齢に合わせたリズム遊びや演奏の指導などを行います。とはいってもはじめはあそびながら身に付けていけるよう楽しく行います。

 今日は年少さんが初めてでしたが、立ったらきをつけ。『きをつけ』は足をなかよしにくっつける。バナナやりんごなど身近なものを4拍子でたたいてみる。など、いろんなことを教えてもらいました。これを今後担任と一緒にみんなで繰り返し行いできるようになってきたら、次の鼓笛指導ではまた新しいことを教えてもらえるのです。

年中さんはピアニカを始めました。早く使いたくて仕方がなかった年中さんは、よくお話を聞いてドレミの位置を教えてもらいました。

年長さんは今までの復習もし、新しい曲にも取り組んでいます。みんなで元気に楽しく取り組めると良いですね。