れんげ畑・おにぎり弁当

s-1 s-2 s-3 s-4 s-5 s-6 s-7 s-8 s-9 s-10 s-11 今日は年長さんが長靴を履いて園外へ出掛けました。行き先は、園長先生のおうちの前にあるれんげ畑です。

広い広い畑に、小さくてかわいいれんげの花がたくさん咲いていました。れんげの花は、ピンクのグラデーションが美しい小さな花びらのお花です。子どもたちは花を摘んでみたり、虫を見つけたりして自然と触れ合いあそびました。

れんげの他にも、オオイヌノフグリやたんぽぽなどの花もあり、オオバコでオオバコ相撲をして遊んだりもしました。お花にとまったミツバチやモンシロチョウを追いかける子もいます。全身で春を感じ、みんなで楽しむことができました。

 園内ではできないことをこうして時々園外へ出て体験することで、新たな刺激になりますね。子どもたちのいきいきとした笑顔を見ると、新しい興味関心を引き出せたように感じます。

s-DSCN0003 s-DSCN0004 s-DSCN0007 s-DSCN0011 s-DSCN0012 s-DSCN0017 s-DSCN0019 s-DSCN0025 s-DSCN0026 s-DSCN0030 s-DSCN0032 s-DSCN9999 園内では、年少さんがこいのぼりの製作を始めました。5月5日のこどもの日ってどんな日?ということから知っていきます。入園したばかりの年少さんですが、きちんと席に座ってお話を聞くことができました。こどもの日の話、こいのぼりの話、クレヨンの使い方などいろんなお話がありましたがしっかり聞けましたね。今日はこいのぼりの模様を思い思いに描きました。完成が楽しみです。

また、今日ははじめておにぎり弁当を食べました。朝から早く食べたくて待ち遠しかったようです。お母さんの作ってくれたおにぎりは美味しかったかな?多くの子が完食できました。水曜日を楽しみに登園してくれる子もたくさんいます。これから毎週、よろしくお願いします。

しぜんといきもの

s-1s-2s-3 s-7 s-6 s-5 s-4s-DSCN0005 s-DSCN0009 s-DSCN0008 s-DSCN0007 園内では様々な季節を感じる自然や生き物の変化があります。

4月の中旬から、ばら組の保育室前につばめが巣を作り始め、やがてつばめの赤ちゃんが生まれにぎやかになってきました。職員室前では、みかんの木にアゲハチョウの幼虫がたくさんついています。青虫は柑橘系の葉を好んで食べるそうで、毎年全部葉がなくなってしまうほど食いしん坊なんですよ。

 そして子どもたちは、ダンゴムシやアリを探して園庭中をきょろきょろしながら歩き回っています。

畑では、たまねぎがぐんぐん成長し、年長さんの植えたトマトが花や実をつけ始めています。水やりを頑張っている甲斐がありますね。収穫の日が楽しみですね。自然に興味を持ち、新たな発見をしてまた一つ成長します。そんな小さな発見を日々大切にしていきたいものです。

 

【年長】れんげ畑

s-DSCN0030 s-DSCN0032 s-DSCN0036 s-DSCN0039 s-DSCN0041 s-DSCN0043 s-DSCN0044 s-DSCN0046 s-DSCN0047 s-DSCN0049 s-DSCN0050 s-DSCN0052 s-DSCN0054 s-DSCN0055 s-DSCN0058 s-DSCN0059 s-DSCN0061 s-DSCN0063 s-DSCN0065 s-DSCN0068 s-DSCN0069 s-DSCN0070 s-DSCN0071 s-DSCN0073 s-DSCN0075 s-DSCN0078 s-DSCN0080 s-DSCN0081 s-DSCN0094 s-DSCN0096 s-DSCN0098 s-DSCN0100 s-DSCN0102 s-DSCN0103 s-DSCN0104 昨日と今日2日間で年長さんが園長先生宅前の広いれんげ畑まで散歩に行きました。久しぶりに園外へ出るとあって、とっても嬉しそうです。車に気をつけてきちんと並んで歩きます。

 広い広いれんげ畑に到着したら、花を摘んで花束や髪飾りを作ったりして遊び、かわいいれんげの花の他にも、へびいちごやハルジオン、オオバコ、オオイヌノフグリなどたくさんの植物を見つけることができました。また、虫探しをする子もいました。テントウムシやハチ、カエルやカメムシなどの様々な生き物にも出会いましたね。

 幼稚園に帰ってからは、摘んできたれんげの花でしおりを作りました。しばらく図鑑のような分厚い本に挟んで乾燥させます。出来上がりが楽しみですね。

 

 普段通りの生活をしていると、なかなか植物や生き物などのしぜんに触れることが少なくなってきている現代ですが、興味関心のきっかけになったりすることの多い自然に触れる機会は減らさずにいたいものです。子どもたちの見たい!知りたい!という気持ちを大切にして自然を楽しめるよう今後も工夫していきます。

夏の虫

s-IMG_1010 s-IMG_1011 s-IMG_1013 s-IMG_1015 s-IMG_1017s-IMG_1009 職員室前の水槽がにぎやかになってきました。

先週からやってきたカタツムリとクワガタに加え、冬の間土の中で眠っていたカブトムシの幼虫がさなぎから成虫となり土の上へ出てきました。

また見に来てくださいね。

もうすぐセミの声も聞こえてきそうです。ダンゴムシ探しにいそしむ子もたくさんいます。図鑑を片手に探検です。生き物に興味を持ち、観察し新たな発見ができそうな予感です。

暑さに負けず、楽しんでいます

s-1 s-2 s-3 s-4 s-5 s-6 s-11 s-12 梅雨の晴れ間に戸外で元気に遊んでいます。暑さも厳しいので水分補給もこまめに行います。

園長先生のお宅からカタツムリがやってきて、それを眺めながら♪で~んでんむ~しむしと、口ずさむ姿を見かけました。

ダンゴムシを探して園庭の隅々まで捜索する子もたくさんいます。例年の光景が戻りつつあることに感謝して、楽しく過ごしています。

 

s-21 s-22 s-23 s-24 s-25 s-26 s-27 s-28 s-29 室内では、年少さんがクレヨンやのり、折り紙を使って作品作りをしています。席に座り、先生の顔を見てお話を聞く姿はとても立派です。少しづつ園生活に慣れ、自分のことは自分でしたり、できることが増えてきました。楽しいこと、好きなことを見つけてきてくださいね。

 

s-IMG_0849 s-IMG_0852 s-IMG_0889 s-IMG_0900 満3歳児ひよこぐみさんも、園生活に慣れてきて少しづつ楽しんでいます。ひよこさんの元気な姿に大人も元気をもらっています。